Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

時間がない!!

 まったく勉強小論文とは関係ないのだが、最近とても時間がない。毎年、年明けから6月くらいまでは繁忙期である。(なのにブログなんか書いている時間があるのか!とツッコまれそう)

 
 6月の適性試験まであまり時間がないので、できればすぐに帰って勉強をしたいが、なかなかそうもいかないことが非常にもどかしい。しかしやらなければならない。他の社会人学生はもっと頑張っているはず。私なんか行きと帰りの電車の中で本を開いて勉強しようとしてもすぐに寝てしまう。本当にだめな人間である。
 
 時間は自分で作らなければならない。誰にでも平等に与えられた24時間という時間をどう配分していくかで、雲泥の差が出てくる。
 
 2009年に新卒入社してから今まで月平均70時間位は残業していると思う。年にすると8400時間、8年間で計算すると6,720時間。280日分である。人日(8h)に換算すると840日分。3-4年は休暇とれますね。それだけの時間を企業に奉仕してきたと考えると、なかなか複雑な気持ちになります。
 
 仕事自体は楽しいしやりがいはあるのだが、自分のために使う時間を増やしたい。

ロースクール未修小論文の練習のために

 私は32才で、社会人9年目である。思うことがあり、今年、法科大学院の受験を決意した。

 仕事の合間を縫って勉強をはじめているのだが、困ったことに入試に小論文があるのだ。(未修者コースの場合。私は法律の知識がないので未修者コースを受験予定である)文章なんて、大学の卒業論文以来まとまったものを書いていない。先週、ある大学院の過去問(小論文)を試しに書こうとしてみたが、まったくペンが進まない。これはまずいと感じた。まずは、なんでもよいから書くことが重要であると感じた。

 ということで、まずは文章を書くことからはじめるためにブログを開設した。テーマはその時思いついたことでテキトーに設定し、できるだけ高頻度で投稿し、かつ書き直しはできる限り行わず、1投稿につき60分を限度にスピード重視で投稿していきたいと思う。

 文章は下手だが、アウトプット重視で書いていくことになると思うのでゆるい目で見て頂けると嬉しい。たまに、試験っぽいテーマにも挑戦していこうと思うので、内容や書き方に突っ込みどころを見つけたらぜひ教えてほしい。

 

 最後に軽く自己紹介をすると、私は東京在住の♂。猫大好き。2年半付き合っている彼女と同棲している。職業は、新卒入社からずっと広告業界で制作職。今の仕事は楽しいが、業界特有のブラックさ(残業月平均80-90h)から可処分時間がほぼなく、今のライフスタイルにもやもやを感じるようになった。そのような現状を打破するには守りではなく攻めるしかないと思い、新しいことに挑戦することにした。週末は全て勉強に費やしていくことになるので、すでにちょっとつらい笑。貯金と生活をすべて投じて卒業を目指そうと思う。

 まずは6月の法科大学院適性試験だ。